生理中や妊娠中の脱毛に注意

女性であれば生理中や妊娠中などでもワックス脱毛を利用したい場合もあると思います。
脱毛エステなどで利用されているフラッシュ脱毛やレーザー脱毛といったものは、基本的には生理中や妊娠中は利用することができないとされています。
では、ワックス脱毛を利用しているエステや、自宅用のワックス脱毛などは生理中や妊娠中にも利用することができるのでしょうか。

妊娠中は基本的に利用できない

妊娠中というのはホルモンバランスが通常時と大きく異なっていますし、ちょっとした刺激に対しても敏感に反応してしまいがちです。
天然成分だけで作られているようなワックス脱毛を利用していたとしても、成分としては身体に悪影響を与えることはなかったとしても、脱毛による肌へのダメージなどは十分に考えられますし、それによるストレスなどが退治に与えてしまう影響も未知数となっています。
ですので基本的には妊娠中はワックス脱毛を利用することはできないものだと考えておいたほうが良いでしょう。
少なくともワックス脱毛を導入している脱毛エステのほぼ全ては妊娠中には利用することができないと明確に宣言しています。
自宅用のワックス脱毛においても同様のことが言えます。
自己責任の範囲にはなるのですが、基本的に妊娠中は使用しないようにしたほうが良いでしょう。
どうしてもムダ毛の終了する必要がある場合は比較的肌に負担をかけずに済ませることができる電気シェーバーなどでムダ毛処理を行うようにします。

生理中は場合によって脱毛できる

生理中もまた妊娠中ほどではないにせよホルモンバランスが乱れている状態になっているためワックス脱毛を断っている脱毛エステが多いようです。
肌がとても敏感な状態になっているため炎症などを引き起こしやすくなっていることが主な原因です。
VIOラインの脱毛の場合タンポンを使用すれば施術してくれるというところもあります。
自宅でのワックス脱毛も肌トラブルが起こりやすいということを承知の上であれば利用することはできます。